読書

『割れた誇り』堂場瞬一、読みました。

ラストライン2です。 今回は冤罪がもたらす悲劇。

『ラストライン』堂場瞬一、読みました。

定年まであと十年のベテラン刑事岩倉が主人公。 新米女性刑事とのコンビで仕事をする。

『砂の王国(下)』荻原浩、読みました。

3人で立ち上げた「大地の会」は 山崎の設計図通り順調に会員を増やしていく。 組織が大きくなり問題発生。 途中、長いなぁと感じたが、 最後の方はすごく引き込まれました。

『砂の王国(上)』荻原浩、読みました。

大手証券会社勤務からホームレスに転落した男が ホームレス仲間と宗教を立ち上げる話。

『神様からのひと言』荻原浩、読みました。

大手広告代理店を辞め、 「珠川食品」に再就職した佐倉凉平が主人公。 入社早々、トラブルを起こし、 リストラ要員収容所と恐れられる「お客様相談室」 へ異動になる。 2002年10月刊行の作品。 WOWOWで映像化されてます。

『あの日にドライブ』荻原浩、読みました。

元銀行員で現在タクシードライバーの牧村43歳が主人公。 繋ぎの予定でやっているタクシーの仕事だが なかなか上手くいかない。 そんな中、銀行時代を回想したり 選ばなかった別の人生について空想する。

『時効の果て』堂場瞬一、読みました。

警視庁追跡捜査係10です。 表題の通り時効の事件を追いかけます。 前回まで登場の若手コンビ 庄田とさやかは結婚し異動なので 寂しいなと思ったが 今回は早速、登場してました。

『垂れ込み』堂場瞬一、読みました。

警視庁追跡捜査係9です。 「15年前の通り魔殺人事件の犯人を知っている。 直接会って話したい」 と垂れ込みが入った。 から始まるお話。

『脅迫者』堂場瞬一、読みました。

警視庁追跡捜査係8です。 自殺と処理された案件は実は殺人だったのではないかと 20年ぶりの再捜査。

『報い』堂場瞬一、読みました。

警視庁追跡捜査係7です。 スリの常習犯だった辰見が殺される。

『暗い穴』堂場瞬一、読みました。

警視庁追跡捜査係6です。 檜原村の死体遺棄事件。

『刑事の絆』堂場瞬一、読みました。

警視庁追跡捜査係5です。 刑事総務課・大友鉄が撃たれた。

『標的の男』堂場瞬一、読みました。

警視庁追跡捜査係4です。 不動産業者の強盗殺人事件。 今回は沖田は足を負傷しいつもの動きは出来ない。 今回は疎遠な親子が何組も登場する。 その点に興味をいだいたけど 深くはふれられなかった。

『謀略』堂場瞬一、読みました。

警視庁追跡捜査係3です。 帰宅途中のOLが襲われて殺害される事件が 連続しておきた。 うーん。 今回は。。 と思った。

『策謀』堂場瞬一、読みました。

警視庁追跡捜査係2です。 5年前の殺人事件と5年にビル放火事件を追跡捜査。 これはストーリーが面白かった。 船田の帰国理由にグッときました。

『交錯』堂場瞬一、読みました。

警視庁追跡捜査係1です。 2つの事件が「交錯」する。 何か知っているストーリーと思ったら ドラマを見ていたみたいです。

『献心』堂場瞬一、読みました。

警視庁失踪課・高城賢吾10、完結編です。 綾奈の死の真相を知る。 10巻。 完結してさびしい。 10巻通して、綾奈の失踪のことがあり 失踪課のメンバーの人間関係もあり 事件もあり よいシリーズでした。

『蟻の棲み家』望月諒子、読みました。

貧困の連鎖と崩壊した家族。 その周辺での殺人事件。 主人公の末男は酷い環境の中 小さい頃から妹を守ってきた。 周りも出来る範囲で見守ってきた。 ちょっと良かったと思ってしまったけど。。

『闇夜』堂場瞬一、読みました。

警視庁失踪課・高城賢吾9です。 失踪した7歳の少女の捜索。 次でシリーズ完結です。 終わってしまうのはガッカリです。

『牽制』堂場瞬一、読みました。

警視庁失踪課・高城賢吾8です。 ドラフト1位の高校球児の失踪。

『遮断』堂場瞬一、読みました。

警視庁失踪課・高城賢吾7です。 厚生省高級官僚である六条舞の父親が失踪する。

『波紋』堂場瞬一、読みました。

警視庁失踪課・高城賢吾6です。 法月は異動する。 5年前に交通事故現場から消えた男を探す。 この男は天才ロボット工学者。

『チェンジ』堂場瞬一、読みました。

警視庁犯罪被害者支援課8です。 完結編です。 通り魔事件が発生。 今回は追跡捜査係の沖田が半分ぐらい主人公です。 短期間にこのシリーズを読み終えました。 すごいよい訳ではないけど よかったです。

『裂壊』堂場瞬一、読みました。

警視庁失踪課・高城賢吾5です。 室長の阿比留が失踪する。

『漂泊』堂場瞬一、読みました。

警視庁失踪課・高城賢吾4です。 今回の失踪人は作家です。

『邂逅』堂場瞬一、読みました。

警視庁失踪課・高城賢吾3です。 少子化で経営が厳しくなってきた大学が舞台です。

『最後の光』堂場瞬一、読みました。

警視庁総合支援課2です。 家庭内で、幼い命が奪われた。 逮捕されたのは、母・夏海の交際相手だった。 から始まります。 本当に悲しい事件だけれど 表題にあるように「最後の光」があってよかった。

『あなたはここにいなくとも』町田そのこ、読みました。

短編集5編。 若い女性が主人公のお話。 恋愛関係の悩み。。

『星を掬う』町田そのこ、読みました。

幼い頃に別れた母に再会する千鶴。 母は若年生認知を患っていた。 母娘の話。 関心あるテーマだったので 一気に読みました。 感想は。。 うーん。。

『相剋』堂場瞬一、読みました。

警視庁失踪課・高城賢吾2です。 少女学生失踪。 友人が訴え出るものの 両親は家出で問題ないという。