『砂の王国(下)』荻原浩、読みました。

3人で立ち上げた「大地の会」は

山崎の設計図通り順調に会員を増やしていく。

組織が大きくなり問題発生。

 

途中、長いなぁと感じたが、

最後の方はすごく引き込まれました。

不安です。

仕事がみつかりました。

 

採用された瞬間は嬉しかったけれど

今は不安でいっぱいです。

 

やっぱり、社会保険は入れてもらえませんでした。

独身なので社会保険の扶養に入れないし

生活出来ない収入です。

 

あとは、人間関係がとても不安です。

 

今の収入ゼロに比べると

多少でもお金が入ってくるは助かります。

 

無職の毎日もとてもキツイけど、

新しい生活も不安でしかないです。

『神様からのひと言』荻原浩、読みました。

大手広告代理店を辞め、

「珠川食品」に再就職した佐倉凉平が主人公。

 

入社早々、トラブルを起こし、

リストラ要員収容所と恐れられる「お客様相談室」

へ異動になる。

 

2002年10月刊行の作品。

WOWOWで映像化されてます。